緊急避妊(アフターピル、モーニングアフターピル)について

避妊に失敗した性交後に緊急的に用いられる避妊法を緊急避妊法と言います。
これまでは性交後72時間以内に中用量のピルを服用するYuzpe法を使用していましたが、2011年に黄体ホルモンの一種であるノルレボ錠が国で認可され使用可能となりました。 ノルレボ錠はYuzpe法に比べ悪心、嘔吐、めまいなどの副作用が低いこと、避妊効果が高い薬剤です。 医学的には有用性の高い薬剤ですが、費用が高価であるという欠点もあります。(表参照)
緊急避妊ピルを使用しても妊娠を100%回避できるわけではありません。 次の月経が確認できれば安心ですが、もし、予定月経が7日以上遅れることがあれば、妊娠判定薬で確認してください。 服用しても妊娠することがあります。その際、緊急避妊薬の胎児への悪影響はありません。

どうしようと悩んでいるうちに72時間を超えてしまうと緊急避妊を利用できなくなります。
ひとりで悩まず不安に思うことがあったら、とにかく受診してください。 緊急避妊薬はあくまで一時的な対処法ですから、繰り返し使用するものではなく確実な避妊を選択するには低用量ピルの服用をお勧めします。

ヤツベ法 レボノルゲストレル法
使用薬剤の成分 ノルゲストレルと
エチニルエストラジオールの配合剤
レボノルゲストレル単独
販売名 プラノバール錠(3,000円税込) ノルレボ錠(15,000円税込)
性交後服用までの時間 72時間以内 72時間以内
120時間以内でも有効との報告もあり
服用方法 初回2錠
12時間後に2錠
2錠1回のみ
副作用 悪心・嘔吐の率が高い ほとんど認めず
妊娠率 3.2% 1.1%
妊娠阻止率 57% 85%

※診察代込みの値段となります。